インフルエンザの治療薬として有名なタミフルがありますが、こちらは錠剤タイプの治療薬になりますが、なぜリレンザは吸引なのでしょうか、その吸引のメリットデメリットについて調べてみましたのでご参考にしてもらえればと思います。

リレンザはなぜ吸引なのか

ウイルスは、人間の細胞に感染すると増殖し、増殖したら感染細胞から出て、さらにほかの細胞に感染増殖を繰りかえします。
インフルエンザは急性の呼吸器感染症で、のどから浸入したインフルエンザウイルスが、気道で細胞に感染し、自分自身の増殖を急激に繰り返すので、高熱を伴う風邪症状が全身に表れ高齢者や幼児や持病のある人は重症化する傾向にあります。
インフルエンザを治すには、この感染と増殖を食い止め、人間の免疫によってウイルスを倒すことが必要です。
感染増殖を食い止める治療薬として現在日本で処方されるのは、タミフルとリレンザです。
ウリルスを倒す免疫力とつけるには十分な免疫力が必要です。
タミフルとリレンザは、できるだけ早い段階で投与されることが必要です。
ウイルスは人間の体に浸入し、そこで増殖します。浸入をするときに浸入を助ける物質(ヘマグルチニン)がウイルスの表面にありますが、増殖後、感染した細胞から離れるときに、このヘマグルチニンがじゃまになります。この邪魔を排除するのに、ノイラミニダーゼが必要です。
タミフルもリレンザもこのノイラミニダーゼを阻害し、ウイルスの増殖を防ぐのです。
治療薬のタミフルは錠剤ですが、リレンザが吸入薬である理由は、インフルエンザが増殖する気道などの粘膜に直接薬剤を届けることができるからです。
リレンザが、吸入することにより、急速に気道粘膜に届くので、十分な効果と即効性が期待でき、薬剤が全身に与える影響も少なくなるのです。
ただ、そのときの注意点ですが傾けると薬の粉がこぼれるので、吸入器は水平に持つことが大切です。
インフルエンザに感染すると医師から処方された薬をできるだけ早く投与し、十分に休むことが大切です。
また、熱が下がっても医師から処方された薬は必ず飲むことも重要です。